長渕剛

  • 1973年
  • 大学祭の前座で初めての舞台を経験。
  • 1974年
  • 友人と2人でフォークソングのグループ(T&Tグループ タケシとツヨシ)を結成し、ステージ活動を本格化させる。
  • 1975年
  • 福岡県の九州産業大学へと進学。

 

  • 場末のバーでオリジナル曲を歌い続ける。この時はまさに地獄の環境で、毎夜のようにビール瓶や灰皿が飛び、

 

  • 泥酔した客や極道から「演歌やらんかい演歌!!」と罵声や蹴りを浴びつづける日々だった。

 

  • ここで根性が鍛えられたと本人は述べており、後年披露するリアリティに満ちた悪漢の演技も、ここでの観察によるものである。そして、ライブハウス(照和)での活動が本格化する。
  • 1976年
    • 財団法人ヤマハ音楽振興会主催の、第12回ポピュラーソング・コンテスト(通称ポプコン)、
    • 現在のTEENS' MUSIC FESTIVAL)に出場。

     

    • 『雨の嵐山』で入賞を果たした(注※公式HPやライナーノーツに書かれてある年表には『巡恋歌』とあるがそれは間違い。八曜社発行「俺らの旅はハイウェイ」参照)。
  • 1977年
    • 2月25日、前年のポプコン入賞を機に、ビクター・レコードより、シングル『雨の嵐山』でデビューするもヒットせず。

     

    • 何故か名前の読み方を「ながぶち・ごう」に変更されていた。編曲は船山基紀によるものである。
  • 1978年
    • 『巡恋歌』で15回ポプコンの入賞、10月5日東芝EMIから同曲で再デビュー。

     

    • 同年暮れから、南こうせつや庄野真代らとコンサート活動を本格化させる。
  • 1979年
    • 3月5日、初のオリジナルアルバム『風は南から』をリリース。
    • 7月26日、愛知県篠島での吉田拓郎のコンサートに特別出演。
    • 「帰れコール」(長渕自身は「帰れって言うんだったらお前らが帰れ」と言っていた)を浴びながらも(拓郎はそんなに言われて無かったよ、と言っていた。

     

    • また、実際に「帰れコール」をしたのは一部の観客だけだったとも言われている)堂々と歌い、最終的には大きな喝采を浴びた。

     

    • 4月から9月まで、ニッポン放送『オールナイトニッポン』水曜日第2部、10月から翌年9月まで、金曜日第1部の、それぞれパーソナリティを務める。
    • 11月29日、新宿厚生年金会館でワンマンコンサート開催。チケットは発売3時間でソールドアウト。
  • 1980年
    • 6月5日、元々アルバム『逆流』の収録曲であった『順子』が、ファンからの熱い要望によりシングルカット。同年8月にはオリコンのチャート1位に。

     

    • この曲の大ヒットにより、一躍トップシンガーの仲間入りを果たす。
  • 1981年
    • 8月、当時アイドル歌手だった石野真子と結婚。

     

    • ニッポン放送『オールナイトニッポン』で意気投合したことがきっかけとなり結婚した。
    • ハワイでの結婚式

 

 

  • 1982年
    • 6月6日、『コンサートツアー'81~'82』のファイナルを、日比谷野外音楽堂で

     

    • 『SUPER LIVE IN HIBIYA』として開催。自身初の野外公演でもあり、この模様は日本テレビの「ザ・ライブ」にて6月20日、27日の2週に分けて放送された。
    • 7月28日、8月4日、『青春は手品師』(アルバム『時代は僕らに雨を降らしてる』に収録)が、ドラマ『王貞治物語』(TBS系列)の主題歌になる。珍しい阿久悠の作詞によるもの。ドラマには長渕本人もちらっと出演している(貞治の父親役)。
    • 10月12日、『コンサートツアー'82~'83時代は僕らに雨を降らしてる』(全45ヵ所)がスタート。このツアー中の11月29日に初の日本武道館公演、翌年の2月21日のファイナルも再びこの会場で行われた。
  • 1983年
    • 女性は家を守るという長渕の意見と石野の意見が合わず、離婚。
    • 7月25日、埼玉県所沢市の西武ライオンズ球場にて『SUPER LIVE 西武球場』を開催。2万人の観客を集め、雨の中でのコンサートとなった。
    • 8月25日、『SUPER LIVE 西武球場』が公演からわずか一ヵ月後、2枚組のライブアルバム『SUPER LIVE IN 西武球場』としてリリースされる。
    • 同時に『LIVE'83 JUST HEAVY GAUGE』ツアー(全47ヵ所)がスタート。
    • 8月26日、初の主演テレビドラマ『家族ゲーム』(TBS系列)が放映開始、俳優としても本格的に活動を始める。同番組の主題歌であるシングル『GOOD-BYE青春』をリリ-ス。
    • ドラマ『青が散る』
    • 1984年
    • 3月15日~4月9日にかけて、全国10ヵ所にて3年ぶりの弾き語りコンサートを、ファンクラブ『TSUYOSHI CLUB』結成記念イベントとして開催。
    • 4月20日、主演したテレビドラマ『家族ゲームII』(TBS系列)放映開始。
  • 1985年
    • 3月30日に発売されたシングル『久しぶりに俺は泣いたんだ』に伴い、自身初のプロモーションビデオを制作。
    • 4月5日、主演したテレビドラマ『家族ゲームスペシャル』(TBS系列)放映。
    • 8月26日、『HUNGRY』ツアーをスタートさせるも、翌年1月の日本武道館での公演を最後に、過労によりダウン。
    • 一時は重度の鬱状態に陥り、予定されていた残りのコンサートがすべて公演中止となる。
  • 1986年
    • 6月7日、主演したテレビドラマ『親子ゲーム』(TBS系列)が放映開始。後に再婚する志穂美悦子と、ラーメン店を営む恋人同士役をつとめる。
    • 10月22日、ギター弾き語りアルバム『STAY DREAM』リリース。11月11日には大阪城ホールより『LIVE'86~'87 STAY DREAM』(全11ヵ所)がスタート。
    • このツアーはアルバムのテーマと同様、ギター1本で歌うスタイルで、またアリーナ級や体育館等の会場ではセンターステージを組んで行われた。
    • 12月20日、出演した映画『男はつらいよ 幸福の青い鳥』が劇場公開。再共演した志穂美悦子と再婚する切っ掛けに繋がった。
  • 1987年
    • 2月25日、『LIVE'86~'87 STAY DREAM』の追加公演が、ツアー初日の会場でもある大阪城ホールにて『LAST CRIME』と題して開催された。
    • 4月10日、主演したテレビドラマ『親子ジグザグ』(TBS系列)が放映開始。
    • 8月5日、アルバム『LICENSE』をリリース。同年末の第29回日本レコード大賞にてアルバム大賞を獲得。
    • 9月、テレビドラマ『親子ゲーム』で初共演、『男はつらいよ』での再共演を切っ掛けに、一歳年上の女優、志穂美悦子と再婚(以後現在、2男1女をもうける)。
    • 女性は家を守るという長渕の意見を受け入れたのか、志穂美は芸能界を引退している。
  • 1988年
    • 2月5日、8年越しのシングル『乾杯』をリリース、ミリオンセラーとなる。
    • 6月19日、コンサート会場として、初めて東京ドームに進出。
    • 10月7日、主演したテレビドラマ『とんぼ』(TBS系列)放映開始。
    • 10月26日、同ドラマのタイトル曲となる『とんぼ』をリリース、ミリオンセラーを記録する。
    • 12月3日、出演したテレビドラマ『うさぎの休日』(NHK)放映。
  • 1989年
    • 3月11日、主演した映画『オルゴール』が劇場公開開始。
    • 3月25日、アルバム『昭和』リリース。ミリオンセラーとなる。
    • 12月23日、主演した映画『ウォータームーン』が劇場公開開始。

 

  • 1990年
    • 12月31日、初のNHK紅白歌合戦出場を果たし、ドイツ・ベルリンから生中継で『いつかの少年』『親知らず』『乾杯』の3曲を約17分かけて演奏する異例の試み。

     

    • さらにスタッフを批判したため、「予定外の曲を披露」、「NHKへの出入り禁止」、
    • 「長渕の暴挙により時間が押して、大物歌手の出番がカットされた」等、様々な噂が報道がされるも、でっちあげとも取れる記事が多かった。

     

    • その証拠として、披露した3曲ともタイトル及び歌詞テロップが表示されていたし、翌年のNHK『音楽達人倶楽部』にも出演している。

     

    • また番組は第一部終了後、一旦ニュースを5分間挟んでから21:00より第二部を開始という進行予定だったが、第一部の最後は長渕で、その後予定通りの流れで進行し、しかも第二部は時間通りに開始されているので、長渕の出番と時間の押しは無関係と言える。
  • 1991年
    • 10月10日、主演したテレビドラマ『しゃぼん玉』(フジテレビ系列)が放映開始。
    • 10月25日、シングル『しゃぼん玉』リリース。ミリオンセラーとなる。
    • 12月14日、本格海外レコーディングアルバム『JAPAN』リリース。

 

 

 

  • 1992年
    • 『西新宿の親父の唄』(アルバム『JEEP』収録)が、『北の国から-'92巣立ち』の挿入歌となる。
    • 約6万5千人の観客を動員し、東京ドームコンサートを成功させる。

 

 

  • 1993年
  • 9月22日、シングル『RUN』リリース。ミリオンセラーとなる。
    • 10月15日、主演したテレビドラマ『RUN』(TBS系列)が放映開始。
  • 1994年
    • 9月9日、『Captain of the Ship』ツアーをスタートさせるも、溶連菌感染症による体調不良により僅か3公演しか出来ず、残りの日程はすべて公演中止となった。

     

    • 9月23日、桑田佳祐がリリースしたアルバム『孤独の太陽』に収録された楽曲、『すべての歌に懺悔しな!!』の歌詞の内容を巡り、作詞、作曲した桑田と一触即発の関係に陥る。事の詳細に関してはすべての歌に懺悔しな!!による論争も参照。また、女優の国生さゆりとの不倫報道が大きく報じられる。

 

  • 1995年
    • 1月24日、大麻取締法違反で逮捕されるが、2月3日に処分保留のまま釈放。3月16日に起訴猶予処分となる。
    • 12月26日、自身3度目となる【東京ドーム】にてライブを行う。

 

 

  • 1996年
    • 1月1日、再起後の最初のアルバム『家族』リリース。東芝EMI所属として、最後になるオリジナルアルバムである。
  • 1997年
    • 1月24日、『とんぼ』の続編に当たるテレビドラマ『英二ふたたび』が放映。
    • 2月27日、フォーライフ・レコード(現在のフォーライフ・ミュージックエンタテインメント。に移籍。
  • 1998年
    • 鹿児島県の演歌歌手、日高正人シングル『想い人』発売。日高の歌に感動した長渕が83年に書き下ろしていた曲で、日高の病気が原因で半分お蔵入りとなっていた曲。
  • 1999年
    • 5月1日、主演した映画『英二』が劇場公開開始。
  • 2000年
    • 8月12日、最愛の母・マス子が急性心不全により他界。享年72。
  • 2001年
    • 6月27日、8年ぶりのロサンジェルスレコーディングアルバム『空』リリース。金髪&肉体改造で新たな長渕スタイルが出来上がる。
  • 2002年
    • 5月9日、アフガン抗争に向けて発した反戦歌『静かなるアフガン』リリース。しかし事実上の放送禁止。NHKを始めとするテレビ局や各種メディアには採り上げられることが少なく、予想よりも話題にならず。それでも「指きりげんまん」以来のベスト20位入り。

     

 

  • 2003年
    • 4月、ニッポン放送『オールナイトニッポンフライデー・長渕剛今夜もバリサン』放送開始。9月までパーソナリティを務める。
    • 5月1日、シングル『しあわせになろうよ』リリース。

     

    • 5月14日、長渕剛通算19枚目となるアルバム『Keep On Fighting』が発売
    • 12月31日、13年ぶりにNHK紅白歌合戦に出場する。森進一に楽曲提供した『狼たちの遠吠え』では、歌う森のバックで長渕がコーラス&ギターセッションで参加し、話題になった。
  • 2004年
    • 4月28日、初のトリビュート・アルバム『Hey ANIKI!』がリリース。
    • 8月21日、鹿児島県の桜島特設ステージで、約7万5千人の観衆を集めてのオールナイトコンサートを敢行させ、大成功を収める。
    • 1990年頃のキリンラガービール(『乾杯』)等がある。
  • 2005年
    • 8月24日、東映『男たちの大和/YAMATO』の主題歌として書き下ろした『CLOSE YOUR EYES』リリース。

     

    • 自身の主演映画作品以外での主題歌使用はこれが初めて(テレビドラマでは以前に「逆流」「友よ」「指きりげんまん」等あり)。また、カップリングの『YAMATO』と合わせて、両A面シングルとなっている。両A面シングルは『順子/涙のセレナーデ』以来2度目である。

 

  •  
    • 7月14日、『長渕剛3daysドキュメント』放映
    • 7月22日、7月2日公開放送で未放送のアンコール部分を南日本放送ラジオで特集して放送。
    • 8月30日、山本寛斎がプロデュースする『日本元気プロジェクト KANSAI SUPER SHOW「太陽の船」』のイベントテーマソング『太陽の船』を手がけることが発表され、同曲が公開された。
    • オリコンランキングに、長渕のベストアルバムなど数作品が再浮上した。
  • 2007年
    • 5月16日、4年ぶりのオリジナルアルバム「Come on Stand up!」リリース。

     

    • 全12曲新曲(桜島DVDに収録されていたものの未CD化だった「夕焼けの歌」を含む)、先行シングルなしという昨今の音楽業界の常識からすれば型破りなアルバムにも関わらず、オリコン初登場4位。
    • 10月12日より放送開始の、TBS系列テレビドラマ「歌姫」の主題歌に、長渕による作詞作曲『青春 SEISYuN』が起用された。歌を歌うのはTOKIOで、TOKIOにとっては中島みゆき、甲斐よしひろに続く大物歌手による楽曲提供となった。
  • 2008年
    • 5月14日、21日、過去に発表された楽曲の中からラブソングを中心にリマスタリング、セルフカバー、リミックスを施して選曲したベストアルバム「LOVE」、「SONGS」を発売。
  • 2009年
    • 1月14日、ユニバーサルミュージックへの移籍を発表。
  • 2010年
    • 8月14日、スペシャルドラマ『歸國』に俳優として出演。本格的な俳優復帰は、1999年に主演した映画『英二』以来で、11年ぶりとなり、ドラマ出演は1997年に主演した『ボディーガード』以来で、13年ぶりとなった。
  • 2011年
    • 4月7日、東日本大震災に際し、被災地復興支援のため、FMでラジオ「長渕剛 RUN FOR TOMORROW 〜明日に向かって〜」をスタート。
    • 被災地向けの番組のため、県域放送局(ベイエフエム)とJFN系、コミュニティ放送局でネットされるという、従来のラジオネットワークの枠に拘らないユニークな配信になる。放送開始の回では石原慎太郎の「津波は天罰」発言を痛烈に批判をした。