長渕剛

 

 

 

長渕 剛(ながぶち つよし、本名同じ、

 

1956年9月7日生まれ -

 

日本のシンガーソングライター、俳優、詩人、画家

 

1977年の1回目のデビュー時の芸名は長渕 剛(ながぶち ごう)。

「長 剛」は、誤記。鹿児島県日置市生まれ、鹿児島市育ち。Office REN(オフィス・レン)所属。

 

妻は志穂美悦子。長女は長渕文音。長男はWA航RU。次男は長渕蓮。

1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手としてデビュー(※一般的には再デビューの1978年『巡恋歌』で本格デビューとしている)。

 

『順子』、『乾杯』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』、『しあわせになろうよ』などのヒット曲を持ち、また、俳優としては、『親子ゲーム』、『とんぼ』、『オルゴール』などのドラマや映画出演で知られる。

 

 ソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品という記録をもっている。

 

鹿児島市立中郡小学校、鹿児島市立甲南中学校、鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科を経て、九州産業大学芸術学部写真学科中退。

 

 1981年8月、石野真子と結婚。結婚式はハワイの教会で、仲人は吉田拓郎と浅田美代子夫妻(当時)だった。

 

しかし、結婚した二人は生活の中で様々な見解の相違を表面化させ、1983年5月離婚。

 

 

1987年に、『親子ゲーム』(1986年)、『男はつらいよ 幸福の青い鳥』(1987年)で共演した志穂美悦子と再婚。

 

志穂美との間に三人の子供(長女で女優の文音、長男でヒップホップミュージシャンの航(WA航RU)、次男でカーレーサーの蓮)がいる。

 

 

1995年1月24日に大麻取締法で逮捕され、国生さゆりと不倫していたことも明るみになり、

 

国生には記者会見で「薬物に対する(国生の)身の潔白と、長渕との関係も志穂美を交えて話し合い、関係を清算した」と発表されるなど、歌手生命の危機に陥るも、志穂美の内助の功を得て、アーティストとして第一線で活躍を続けている。

 

  • 警察官の父親・邦治(くにはる)と母親・マス子の次男(実質長男)として、
  • 1956年9月7日、当時の鹿児島県日置郡伊集院町(現・日置市)にて生を受けた。

 

  • 上に姉がいる2人姉弟。兄がいたが乳児期に病死している。
  • 鹿児島南高校の情報処理学部の2期生として入学した長渕は、「ある意味模範生徒」だったらしい。
  • というのも髪型が学校の風紀に違反しており、校長から「長渕君みたいな髪型にしてはいけないよ。」と全校生徒の前で注意を受けたという。

 

  • 高校では最初のうちは成績も良かったが、徐々に落ちていき、卒業するころには、下から数えた方が早い成績まで落ちたという。

 

  • また、毎日伊集院町から1時間近くかけて通っていた。
  • 子供のころのあだ名は「レオン」。
  • 愛犬はホワイト・スイス・シェパードの「レオ」「アエラ」とトイプードル「チビ」。愛犬を歌った曲もある。
  • 現在でこそ肉体改造で筋肉質の体になっているが、出生後まもなく、インフルエンザで生死の境をさまよっていたと言う話がある。

 

  • 幼い頃の長渕は体が非常に弱く、よく喘息発作を起こし、病院通いが欠かせなかった。
  • 音楽が長渕の楽しみであった。吉田拓郎(長渕と同郷)や加川良、友部正人、遠藤賢司等のフォークソングを好んで聴いていた。

 

  • 「自分もいつかはミュージシャンになりたい」と言う願望もあったのか、中学3年の正月に3000円のガット・ギターを購入し、鉄弦を張り思いのままに好みの楽曲をコピーしていったのである。
  • シンガーソングライターとしての道を歩むきっかけとなったのは、

 

  • 高校時代に生で観覧した、拓郎のコンサートであった。
  • これを境に拓郎、更には加川や友部と言った、当時売れっ子だったフォークシンガーの歌に傾倒していく事になる。大学進学後は洋楽も聴くが、

 

  • 基本的には1960~70年代の、日本のフォークシンガーからの影響を強く受けている様である。
  • 同じ福岡県でアマチュア時代に活動し、当時ポプコンに長渕とともに出場していたCHAGE and ASKAがプロデビューするにあたりきっかけを作ったのは長渕の一声があったとされる(先にデビューしていた長渕が「九州に面白い2人組がいる。」とレコード会社に後押ししていたらしい)。

 

  • 1980年代半ば頃にはロック色が強くなり、サウンドにも現れたが、1980年代後半からは原点であるアコースティックに戻っている。

 

  • デビュー当時は、今とは違いかなり透き通った発声で歌っていたが、自分自身の作りたい楽曲のイメージとの乖離に悩まされ、
  • 1980年代の半ばから発声方法を変える様になった。ボブ・ディランの歌声への憧憬から、焼酎やルゴールの原液で何度もうがいをし、歌手の命でもある喉を焼き切った。

 

  • しかし、それでも簡単には声質は変わらなかった。長いライブ活動を続けていくうちに、透き通った声は消えうせ、しわがれた声へと変わる歌唱法と楽曲のスタイルが培われた。
  • そうした荒療治や歌唱法により、喉にポリープが出来ていることをインタビューで告白している。

 

  • しかし、ポリープを除去すると声質が変わると医師に宣告され、声質を変えたくない長渕は、悩んだ末そのポリープを除去せぬまま今の声質を保っていると語っている。
  • 昔からのファンを中心に、現在(1990年代以降)よりも、デビュー時~80年代までの楽曲スタイルの方を好む人たちが少なからずいるのも事実である。
  • 歌を披露する際には必ずガムを噛みながら歌っていた時期もあった。
  • 幼い頃からジープを好み、その後ハマー H2を購入する。

 

  • その時の取材で『H1は鉄が走っている感じ、あれは軍用車。

 

  • H2はオシャレに乗れていい』と語っていたが、桜島のコンサートを期に“選ばれし者が乗る車”“四輪駆動の王”とアメリカのセレブリティ達からも好評なH1を購入。

 

  • 俳優としても、『親子ゲーム』や『とんぼ』『しゃぼん玉』等のドラマ、『オルゴール』や『ウォータームーン』『英二』等の映画に主演している。

 

  • デビュー当初は痩身で長髪のフォークシンガーというイメージで、「遅れてきたフォーク青年」と呼ばれたりもした(長渕のデビュー当時はすでにフォークブームが過ぎた後であった)。

 

  • 透明な声と繊細なラブソング、達者なフィンガーピッキングによるアコースティックギターで人気を博し、現在の彼とはかなりイメージが異なっていた。

 

  • 1980年代半ばからは髪を切り、同時期に出演していたドラマでの気さくな兄ちゃん振りから、徐々にやんちゃなイメージになっていった。
  • 1988年に主演したTVドラマ『とんぼ』でのヤクザ役が大当たりした。

 

  • この頃から歌声はいっそう枯れていき、歌詞もハードなメッセージを前面に打ち出したものになっていき、ドラマのイメージも相まって、バイオレンスなイメージが定着していった。
  • またスキャンダルがたびたび報道されるようになり、1990年代前半にはその人気が絶頂になった反面、ダーティーなイメージもついて回った。
  • 1995年1月24日に、大麻取締法違反で逮捕されてからはたびたびトーク番組やバラエティーなどに出演し、

 

  • 50代に差しかかってから、ハードなトレーニングに勤しみ、禁煙・肉体改造を成功させ、今までの生活習慣などを規則正しく一新し、かつてのダーティーイメージは薄らいでいった。
  • 2004年8月21日に、鹿児島県の桜島特設ステージで、全国から約7万5千人の観衆を集めてのオールナイトコンサートを敢行し、大成功を収めた。このコンサート会場で売られていたオフィシャルミネラルウォーターは地元企業の商品であった。

 

  • 2006年3月19日には、コンサート会場跡地に記念碑が建てられる。記念碑名は「叫びの肖像」

 

  • ちなみに、コンサート会場であった桜島からの音は海を越えた鹿児島市でも聞き取れたという。
  • 2005年12月公開の東映映画『男たちの大和/YAMATO』の主題歌を担当。『CLOSE YOUR EYES』が先行リリースされ、話題になった。この映画に出演していた松山ケンイチがファンになったきっかけにもなっている。

 

  • 絵画や詩にも才能を発揮し自身の詩画展を開き何度も成功を収めている。

 

  • また、その収益金の一部を阪神・淡路大震災で家を失った子供達等の為に寄付した。

 

  • 鹿児島県関連の九州新幹線開業キャンペーンの風は南からの書体をデザインしている。その書体は、現在かごしま県民交流センターに展示している。

 

  • 酒に弱く、一切飲まない事は意外に知られておらず、この事を語っている楽曲もいくつか存在する。また以前はかなりの喫煙者であったが、現在は禁煙している。

 

  • 使用ギターはレコーディングではギブソン製(J-45、J-200等)、ライブではタカミネ製(NTP-012、TDP-512、TDP-515-6等)のエレアコを主に使用する。エレクトリックギターは楽曲によってはライブでたまに使用する。

 

  • 使用ハーモニカ(ブルースハープ)はTOMBOの「メジャーボーイ」。現在一般的なハーモニカホルダーの形(テンホールズハーモニカ専用で、ハーモニカをセットする部分が狭くなっている)は彼が考案したものとのこと。

 

  • 「特許をとっておけば良かった」と雑誌のインタビューで語った。
  • 「週刊ザテレビジョン」では、イメージが合わないことを理由に、レモンの使用を拒否したことでも有名(1991年11月15日号)。
  • 2003年に放送されたラジオ番組「今夜もバリサン」で長渕は今は亡き「尾崎豊」についてとつとつと語った。

 

  • 「彼(尾崎)は最後レコード会社からも見捨てられ、本当に孤独だったんだ。

 

  • 彼みたいな才能ある人間を業界は孤独にさせたらだめだ!」とも語っていた。
  • 2007年4月27日、関西テレビ放送制作、フジテレビジョン系列(FNS)で放送の『さんまのまんま』で、明石家さんまと対談。

 

  • 過去にさんまとは「明石家さんまのオールナイトニッポン」で対談を行ったことがあり、放送でもその点について触れていた。

 

  • 「ラーメンは吸うのか噛むのか」などで言い合う珍妙なトークを行い、最後は2人で『とんぼ』をデュエット。ハーモニカ(TOMBO・メジャーボーイ)をさんまにプレゼント。
  • ただしギター弾き語りは行われず、『とんぼ』は国吉良一(因みにさんまの『真っ赤なウソ』の編曲者でもある)のキーボード演奏に拠る物であった。
  • 1992年に行われた東京ドームでのセンターステージライブに関して、本人は「あまり覚えていない」と語った。

 

  • 65,000人の熱気のど真ん中で、あまりにインパクトがあったとの事。
  • また「東京ドームという場所は、本来ライブをやるべき場所じゃない(音響面で最悪、自分の声が数秒後跳ね返ってくる)。ドームでライブをやる必要性がある時はやるけど」と語っている。
  • 「アコースティックギターは弾くものじゃなく、叩くもの」という持論を持っている。「叩く」といってもそれはあくまで「ギターを弾く力強さ」を「叩く」と表現しているのであって、

 

  • 例えばニール・ヤングの影響が見られる奏法の「家族」、ライブバージョンの「逆流」や「シリアス」等で、ギターの弦を弾(はじ)いた直後に、手の平の腹部分でブリッジ付近を叩くように弾く奏法の事を言っているわけではない。

 

  • スタジオ録音作品はもちろんだが、ライブではいっそう、力強いピッキングでかきむしるような激しいコードストロークが聴ける。
  • 1999年頃、自宅の近所にマンションが建設された際、自宅前にある道の車の往来が急に増え、さらに自分の子供がトラックに轢かれかけ「子供飛び出し注意」の巨大な看板(電飾、キャスター付)を自宅前に設置する。
  • メールを打つときは絵文字も多用している。
  • 売れていなかった1978年当時、福岡県北九州市のライブハウスに飛び入りで現れた際、

 

  • ステージのMCで、「俺は将来、石野真子を嫁さんにする」と発言している。
  • 上京後、初めて住んだ場所は、世田谷区の新代田のアパートである。
  • 2011年4月16日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の被災地宮城県を訪れ、避難所や自衛隊基地を慰問し、激励した。